こんにちは、Norrです。

 

皆さんの多くは海外旅行や留学、移住などで海外に一度や二度は行かれた事がある方が多いかと思います。

 

いつもと違う文化、人々、自然、食べ物等外国に行くのって新しい事だらけで、本当にワクワクしてしまいますね。

 

そんな時に差別的な態度や対応、行動、言動などされると一気に楽しい気分は吹っ飛んでしまいますね。

 

この記事では、日本人(東洋人)は世界で人種差別されるのかを書いてみたいと思います。

 

 

日本人は海外で人種差別されるのか?

 

結論から言うと、日本人は海外で人種差別されると思います。

 

ただ、行く場所や出会った人々、期間によっては差別されたりされなかったりだと思います。

 

また、その人の受け取り方もありますね。

 

同じ事をされたり言われても、ある人には人種差別だ!と感じる人もいるし、感じない人や気付かない人もいます。

 

またする方、言うほうも同じで、人種差別するつもりでする人もいるし、全く人種差別の意味をしないでする人もいます。

 

私が今まで海外で受けた差別的な事 その1

オーストラリアにワーホリで滞在していた時の事、当時西海岸の街パースの海沿いに日本人の女の子とハウスシェアをしていました。そのお家はTrigg(トリッグ)という場所にありまして、徒歩5分も歩くととっても綺麗なビーチが広がっていました。

 

私は毎日のようにシュノーケルやらボディーサーフィンやらでビーチを満喫していました。

 

ある日のビーチから自宅へ帰る途中、ビーチ沿いの道路をシェアメートの子と歩いていたら、オープンカーに乗った白人の男の子3人組が前方より来ました。

 

そして、何かを叫びながら私たち目がけて水風船を3つ4つ投げてきました。思いっきりです。

 

幸い私は全く当たらなかったのですが、シェアメイトは腿の辺りと肩の辺りに命中してしまいました。

 

結構な勢いで投げてきたので、彼女も痛いーって言ってましたよ。

 

ただ、本当に痛かったのは心ですよね。本当に傷つきました。

 

こういうのも、気にしない人は人種差別だって思わないかもしれません。私はこれは絶対に差別だと思います。

 

イギリスの語学学校でクラスメイトだった韓国人の男の子はイギリス南部の町に旅行に行った時に生卵を投げられたと言っていましたので、それから比べればまだマシな気はしますが、でもやっぱり誰かに物を投げられるって嫌な気持ちになりますよね。

 

私が今まで海外で受けた差別的な事 その2

これは、前にサッカー選手がされたとかニュースになった事があるとおもうのですが、指で目を横に伸ばしてアジア人を表現するやつありますよね? あれ、実際にやる人が結構いるんですよね。白人だけでなく、中東の人やアフリカの人も東洋人に対してやりますよ。

でもあれ、大多数の人は差別的な意味でやっていないと私は思います。ただアジア人の特徴的な一重瞼を表現しているだけで、それが悪いとか醜いという意味ではないのです。

 

でも!私も何度かされた事がありますが、やっぱり実際やられると傷つくものです。東洋人の多くは一重瞼や小さめの目を嫌がっていますからね。多くの人がアイプチをしたり、プリクラに目を大きくする機能があるのはそういう事ですよね。

 

私達からしたら、コンプレックスを思いっきり指摘されるようなもんですから。

 

私の日本人の友人が白人男性のフィアンセのお母さんから、“早く、こんな感じの目(ジェスチャーしながら)の孫が欲しいわー。”と言われたそうです。

彼のお母さんからしたら、全く悪気があってやった訳じゃないと思います。一重瞼が美しい、可愛いと思う人もいますから。

 

また、彼らからしたら、それが差別的だとか、嫌がる人がいるって事を知らないのだと思います。

 

私が今まで海外で受けた差別的な事 その3

これは、本当に良くあるのですが、もう10割男性がしてくるのですが、通りすがりに大きい声で“ニーハオ!”って言ってくるやつ。ホント、ムカつく。

 

本当に良くあります。たいがいは女友達と一緒に歩いている時や一人でいる時に言われるのです。

 

私の旦那にこの事を言ったら、それは差別じゃなくてただ気を引くためだよ。ナンパみたいなもんだよ。って言いますが、じゃあ、中東の人や西洋の人に向かって同じことをしますか?というと、そんなの聞いたことないし。

 

東洋人だけにするのであれば、差別ですよね。

 

マジでこれ、ムカつくんですよねー。

 

“ニーハオ”だからムカつくわけじゃないんですよ、“コンニチワ”バージョンの時もありますから。

 

なんで私たちだけにする訳?と思うのですよ。馬鹿にしてますよね。

 

その他、私が人から聞いた差別された話

私の知り合いが言っていましたが、ヨーロッパのとある人気都市のおしゃれなレストランでのこと、窓際に綺麗なテラスがあり、そこに座って食事がしたくて入店したそうです。

 

でも、実際通された席がとっても奥まった場所だったそうです。でもテラス席が混んでいた訳ではありません。

 

 

そこで店員さんに、あそこのテラス席が空いているならあの席に座りたいんだけどと申し出たそうです。

 

でも答えは“ノー”だったそうです。

 

理由を聞くも空いていないの一点張り。

 

仕方なく諦めて奥まった席に座って、周りをみたら、アジア人ばかりが座っていたそうです。そしてテラス席に座っている人たちといえば。。。白人だけだったそうです。

 

と、こんなあからさまに差別される場面もあるようです。本当に悲しいですねー。

 

まとめ

人種差別ってとっても深いテーマですよね。

 

日本人(東洋人)が差別されるかを書いてみましたが、日本人だって差別的なところがあります。黒人や同じ東洋の国々の人、中東の人々に対しても差別的なところありますよね?

 

差別される時がある半面、日本人という事で人目置かれたりする事も多々あるのですよ。実際、海外に出て日本から離れて、いち日本人として生活してみて、日本人の民度の高さをとっても感じますし、誇りに思いますよ。

 

“えー、あなた日本から来たのー?私日本大好きー。xxxとかxxxとか。。。。” と言われること、多々あります。差別的な事をされるより遥かに多いです。

 

 

世界中どこの国でも、どの人種に対しても差別は存在します。悲しいですがこれが現実で、差別がこの世から無くなる事はないと思います。

 

とっても意外だったのは、ロンドンにいた時に私の旦那さん(白人)が、中東の人に差別的な事を言われた事がありました。普通に会社帰りにロンドンのアジア人エリアを歩いていた時に “馬鹿白人!”と暴言を吐かれたそうです。

 

また、ヨーロッパ内では白人同士での差別もありますよ。比較的貧しい東ヨーロッパ人は差別の対象になっていたりします。

 

なにも有色人種だけが差別されるわけではないのですね。

 

 

 

差別は、差別する側が100パーセント愚かですからね。

 

教養のない人ほど、差別する傾向があります。顕著になるのは、例えば海外の田舎町に行くと都市部に比べると差別する人が多いですよ。都市部に住む人のほうが比較的教養がありますからね。

 

スウェーデンでは人種差別的な行為や言動は仕事場学校で厳しく禁じられていますが、スウェーデンは移民だけでなく難民も大量に受け入れている為、異文化(貧しさから教養がないことも)の為、たまに起こってしまいます。

もちろん、スウェーデンにいる限り、学校などの公共の場で差別的な事を言ったりしたりした場合は、先生に呼び出されます。報告書みたいなのもかくようです。

 

人種差別はとってもいけない事だと認識されていて、もし起きた場合はかなり重く受け止められますよ。

 

ただ、近年はどんどん目に見えるように人種差別主義の行動や言動が問題になっていて、ニュースで頻繁に見たりしますよね。アメリカ、ヨーロッパ全体で人種差別主義者が増えていっている(というか、今まで隠していた本当の気持ちが噴き出してきたと言った方が正しいかな。。。)のが現実です。

 

ここスウェーデンでも年々、右翼系の党の人気が高くなってきています。これはフランスやドイツ、イタリア等にもみられる傾向です。北欧ではデンマーク、東ヨーロッパではポーランドやハンガリーの政府はかなり差別的ですよ。

 

今世界中で一番差別の対象になっているのは、イスラム教徒等の多い地域の国々の人達です。東洋人に対しての差別は彼らに比べたらかなり少ないです。

 

外国人の立場である私にとって、住む地域の人々がどんどん差別的になっていくのは、本当に恐ろしいです。ましてや、自分の子供が差別の対象になってしまったら可哀そうというか、申し訳ないというか。。。とても複雑な心境です。

 

 

色々とつらつらと書きましたが差別は本当に悪です。

 

もしあなたが差別をされてしまった場合は、堂々とふるまいましょう。差別をする方が悪です。

 

差別されてしまったり、またはされている人を見た時も、凛とした態度で立ち向かう事が大事ですよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




ためになったらシェアしてね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

東京で外資系OLを経験したのち、2009年に単身ヨーロッパへ。出来るだけ長くいたいなーと思っていたら永住する事に。 みんなが知りたい国際恋愛、結婚、海外生活、ヨーロッパ事情、インターネットビジネス、などなどの情報をお届けします。 お金儲け、ショッピング、食べ歩き、コスメ が好き