こんにちは、Norrです。

 

皆さんはポップコーンは塩派ですか?キャラメル派ですか?

 

私は両方好きですが、やっぱりキャラメルポップコーンの方が好きです。

 

食べ始めると止まらなくなるんですよねー。笑

 

きっと皆さんは普段映画館やディズニーランドやお店の市販の商品を購入する機会が多いのではないかと思います。

 

普通に買うとちょっとしか入っていなかったり、結構高かったりするんですよねー。

 

この記事では簡単に自宅でパパっと出来るキャラメルポップコーンの作り方をご紹介いたします。

 

筆者は毎週家族で映画をみる事が多いのですが、キャラメルポップコーンを作ると家族が大喜びし大争奪戦になりますよ。

 

とても美味しいレシピなのでおすすめです。

 

キャラメルポップコーンの作り方

 

それでは、ポップコーンの中でも特に人気のキャラメルポップコーンを10分足らずで作ってみましょう!

 

ポップコーンのコーンは乾燥したポップコーンだけで販売していますので、それを用意しましょう。

 

 

キャラメルの材料は

バター 100g

砂糖 大匙5

塩 ひとつまみ

はちみつ 大匙5

 

慣れてきたら目分量で大丈夫ですよ!

要はキャラメル状になればいいのです。

 

 

簡単ですが、こんな感じでポップコーンとキャラメルを同時に作ってしまえば、あっという間に美味しいキャラメルポップコーンが完成します。

 

もうちょっと詳しく説明すると、

まずサラダ油とバターを半分位ずつくらいの量(合わせてポップコーンが半分くらいまで浸る位)を投入して

高温で加熱開始。 鍋はフタのある物を使ってください。下記のように中が見えるほうが、中の様子が見れて良いと思います。

 

鍋に入れるポップコーンの量はコーン同士が上下に重ならない程度です。

 

間もなくすると、パチンパチンとポップコーンがはじけ始めます。

底のほうが焦げやすくなっているので、動画のように時々ゆすってください。

 

 

隣のコンロでキャラメルを用意します。これを用意するタイミングは慣れないうちは、ポップコーンを調理する前、慣れてきたらポップコーンに火をかけた直後に用意すると同時進行で早く作れます。

 

こんな感じで、キャラメルの材料を全部フライパンか鍋に入れます。

 

加熱スタート!

 

火加減は強めで大丈夫です。

 

こんな感じで泡がブクブクと出てきます。そのうち色が黄色から薄茶色に変化してきます。

 

お好みの色になったら火からおろして、ポップコーンと和えます。お箸を使うと混ぜやすいですよ。

キャラメルは茶色が濃いと少し苦みがでて大人味になります。

 

 

出来上がり―♪

 

本当に簡単にあっという間に出来ちゃいますよー。

実はダイエットにも良いポップコーン

 

 

キャラメルをかけてしまうと、もちろんカロリーはグンっと上がってしまいますが、

ポップコーン自体は栄養豊富でお腹も膨れるのでダイエットにとてもいいんですよ。

 

あの健康にストイックなマドンナが、

ダイエットするならポップコーンをどんどん食べるべきよ

と言った程です。

 

 

ダイエットしたいけど、でもご褒美としてたまにはキャラメルポップコーンを食べたい場合は

ポップコーンにあえるキャラメルの量を調整したり、塩や醤油に変えればカロリーは抑えられますよね。

 

キャラメルポップコーンのカロリーは気になるところですが、実はポップコーンは乳製品との

食べ合わせが良く、バターを使うキャラメルポップコーンはそういった意味では良いですね。

 

 

ここで、ポップコーン自体の実際の栄養価を見てみましょう。

 

ポップコーンの栄養素

ポップコーンは、食物繊維がとても豊富なのです。

何と100グラムのポップコーンには10%程の食物繊維が含まれており、

これはレタスの4つ分に相当するんですよ。

 

レタス4つ分の食物繊維が美味しく取れちゃうなんて凄くないですか?

 

食べ合わせの良い乳製品と一緒にとれば、便秘も解消できそうです。

 

 

その他にも色んな栄養素がバランスよく含まれてるんですよ。

例えば、

〇カリウム (血圧を下げてくれる ※摂り過ぎ注意)

〇鉄 (赤血球をつくる,貧血予防,疲労回復,骨と歯を丈夫にする)

〇亜鉛 (新陳代謝が上がる、髪の毛や肌に良い、生殖機能の改善、鬱症状の緩和)

〇βクリプトキサンチン (骨粗しょう症予防、糖尿病予防、免疫力向上、美肌効果)

〇βカロテン (抗酸化作用、免疫力向上、心疾患や癌のリスク低下)

〇ビタミンB1・B2・B6 (皮膚や粘膜の健康維持を助ける)

〇葉酸 (赤血球細胞の形成を助ける、胎児の成長を助ける、循環器疾患を防ぐ)

〇パントテン酸 (皮膚や粘膜の健康維持を助ける)

 

クッキーやポテトチップスを食べるのであれば、ポップコーンのほうがずっと栄養価が高く

罪悪感無く食べれますね!

 

 

上記の他にも注目したいのは、抗酸化物質であるポリフェノールが含まれている点です。

ポリフェノールはご存知の通り、抗酸化作用アンチエイジング血液をサラサラにする目の疲れを癒す加齢による健康状態の低下を防いでくれたりと、優れた栄養素ですね。

 

まとめ

 

キャラメルポップコーンは食べ始めると止まらないですよねー。

 

お家でパートナーと映画鑑賞の前にチャチャっと作って女子力を見せつけたり、お子様がいらっしゃる場合も簡単に出来て自分で作ればコストもそんなにかからないので、是非作ってみて下さい。

 

男性でも簡単につくれますので、ホワイトデーに彼女に作ってあげても喜ばれると思いますよ。

 

ポップコーンを作る時に使うサラダ油とバターが気になるかたは下記のマシーンを使えばノンオイルで作れます。

年末にうちの旦那さんが職場からクリスマスプレゼントでこのポップコーンマシーンを貰ってきたので、試してみましたが、私はやっぱり鍋派です。

ただ子供たちはきゃーきゃー大興奮でした。笑 ので子供のいらっしゃるご家庭にはおすすめですよ。

 

ためになったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

東京で外資系OLを経験したのち、2009年に単身ヨーロッパへ。出来るだけ長くいたいなーと思っていたら永住する事に。 みんなが知りたい国際恋愛、結婚、海外生活、ヨーロッパ事情、インターネットビジネス、などなどの情報をお届けします。 お金儲け、ショッピング、食べ歩き、コスメ が好き