こんにちは、Norrです。

 

私は24歳の時にワーキングホリデーで1年間オーストラリアに滞在しました。

 

パースから入国し、始めの半年は語学学校で英語を勉強しながらバイトして、その後の半年は仕事しながら旅行してオーストラリアを一周しました。

 

貧乏生活で大変な面もあったけど、色んな国の色んな人に出会って、沢山話をして、私の価値観は完全に変わりました。とっても有意義な一年でしたよ。

 

皆さんも機会がありましたら、是非ワーホリに行ってみて下さい!ワーホリは本当に素晴らしいシステムです!

 

日本への帰国まで4か月位の時に、最後の資金作りにと、ブドウ狩りの仕事に行く事に決めました。このブドウ狩りは一日中葡萄の収穫をする仕事で、こういったフルーツ狩りなどの仕事はお給料が良いので、短期間でざっと稼ぐのにピッタリなのです。

 

1~2か月位の予定でバックパッカーズに寝泊まりして、集中的に稼ぐ事にしました。

 

オーストラリアの首都キャンベルとアデレードの大体中間あたりにある、ウェントワースと言うかなりの田舎町に仕事を見つけ、バックパッカーズも予約して向かいました。

 

実はそこのバックパッカーズで5年半付き合ったイギリス人の彼と出会いました。新しい恋も見つけ、仕事にもバックパッカーズの人たちにも慣れてきて、次第にここでの生活が楽しくなってきました。

 

事件はそのバックパッカーズにいた時に起こりました。

仕事場へは毎日朝6時にバックパッカーズを出発します。

 

ブドウ農場のバンがいくつかのバックパッカーズをまわってワーカーをピックアップして大体30分ほどで仕事場のブドウ畑に到着します。

 

ワーカーは色んな国の若者で、雰囲気もリラックスしてヒッピー風で本当に楽しかったです。仕事中は仕事仲間と話をしながらとか、好きな音楽をかけながら無心で一日中単純仕事をします。日中の気温が高くなったり、摘んだ葡萄をバケツにいれて運んだりの力仕事があったり、一日中立ったままなので、体力的には大変ですが、でもストレスフリーで黙々とやる仕事はあっと言う間に一日が過ぎていきます。

 

仕事は月曜日から金曜日で土日は休みなので、お休みの週末は思い思いの過ごし方をします。

朝から酒飲むのもよし、昼まで寝るもよし、町に買い物に行くもよしです。

 

ある日、アメリカ人と台湾人のカップルが新しく仲間になりました。

 

彼等はとってもフレンドリーで良い人たちで、台湾人の子は同じアジア人と言う事で親近感があったのか、私に結構話しかけてきたりしていました。

 

そしてある休日の午後彼らは図書館に出かけていきました。

 

私は朝ゆっくり起きたのでキッチンで遅いランチを一人で食べていました。

 

すると、アメリカ人と台湾人カップルが図書館から戻ってきて、結構な形相で私に向かって聞いてきたのです。

 

アメリカ人 : Norr, 昔日本人が中国人にした酷い事、知っているか?

 

私      :  ???……ん?え?何?何?

 

台湾人   : これ。

 

一冊の本を私に差し出す。

 

私     :え?何これ?

 

アメリカ人 : さっき図書館に行ったら、この本を見つけたんだ。

        昔、日本人が中国人にした酷い事、Norr知ってる?どんな酷い事したか知ってるか?

 

酷い虐殺写真が何枚も載っている本を開きながら、私に見せてくる。

 

私     : (絶句)

 

 

私、なーんにも言えなかったんですね。

 

彼等の凄い形相と怒りが私を圧倒しました。

 

そして恥ずかしい事に、私は何にも知らなかった。日本人が昔した酷い事を知らなったのです。

 

戸惑い、恐怖、無知さからくる恥ずかしさで、困難に陥り、何も言えなかったのです。

 

 

私はただ、“あ、あ、あ。。。。ごめんなさい。。。。。ごめんなさい。” とやっとの想いで言いました。

 

 

それから、憤慨しながら二人はキッチンから出ていきました。

 

思わず涙が出てきました。

 

ごめんなさい。。。。これは正しい言葉なのか? でも私がやったんじゃないんだから。っていうのも日本人として間違ってる。でも、私個人に向かってああいう風に攻撃するのはどうなのか? でも、日本人が昔した事は悪い事で、申し訳ない。。。。

 

でもでも、アメリカ人だって非情な方法で罪もない沢山の日本人を化学兵器で惨殺したじゃないの。そんなアメリカ人に言われたくない。なんなの、なんなの。

 

という怒りの感情も湧いてきた。

 

さらに悔し涙も出てきて、一人キッチンで泣いていたら、イギリス人の彼や他のカナダ人、オランダ人などがキッチンに入ってきて何があったか聞かれた。

 

私は事情を説明した。

 

そしたらみんな、それは彼らがおかしい。そんな事を個人に向かって言うのは卑怯だ。戦争の事で個人的にそういう風に攻められるのは間違っているよ。あのアメリカ人ちょっと変わっているし、気にしない方がいいよ。と言ってくれました。

 

 

その日の夜

 

みんなが、なだめてくれたとはいえ、私はすっかり気落ちしていました。

日本人としての存在がとっても恥ずかしく、申し訳なく思いました。

 

その夜、テレビのある部屋でみんなと座ってテレビを見ていると、アメリカ人と台湾人のカップルが私のところにきて、

 

“さっきはごめんね。あんな風にNorrを責めるなんてフェアじゃないよね。本当にごめんね。”

 

気持ちはパッと晴れはしませんでしたが、でも少し心の負担が軽くなりました。

 

 

その後は、まるでそんな事が無かったかのように仲良くなりましたよ。

 

まとめ

 

海外に出ると、個人個人が“その国の代表“として認識されます。

 

あなたの振る舞いが日本そのものになります。

 

だから、昔日本人が何をしたのか、されたのかを知っているのはとっても重要ですね。

 

もしあなたが、私と同じように過去の歴史の事について責められたら、まず日本人として悪い事は謝罪する事が重要です。

 

ただ、個人的に責任を感じて落ち込む必要なないと思います。昔の過ちの事をじっくり考えて、相手にその気持ちを伝え、謝罪して同じことを絶対に繰り返さないぞと言う意識を持ち、その事について個人的に責めてきた人達にはそのように伝えればいいのだと思います。

 

昔の過ちは心から謝罪します。そして二度とあのような惨事を起こさない日本にしていこうと思います。と。

 

ためになったらシェアしてね!

2 件のコメント

  • 台湾に住んでいるマリアです。
    台湾人の人がそういう本をNorrさんに見せて怒ってきた事に少しビックリしました。台湾の人はそういう話をして来ないですし、台湾国籍でアメリカ暮らしが長かった方かなと思いました。
    私は台湾に来てから、日本人と日本の素晴らしい点を台湾人の皆さんに逆に教わって、歴史の勉強をするようになりました。
    本によっては真実を捻じ曲げる意図でオーバーに書かれた物もあって、国によっては独自の歴史教育を今でもしているのがよくわかります。
    近隣のKやCの友達もいますが、歴史認識の話になると喧嘩になりそうになるので、過去の歴史の話はなるべくしたくないと思っています。

  • マリアさん、

    コメントありがとうございます。
    マリアさんのおっしゃる通り、この台湾の女の子はアメリカに何年か留学していたようです。
    この子は、この時初めてこの本に書かれている事を見て読んでとってもショックを受けている様子でした。
    怒ってガンガン私に言ってきたのはむしろ、この子の彼氏のアメリカ人男性でしたよ。

    台湾は親日国と言われていますが、マリアさんのお話から本当にそうなんだとお聞きできてとても嬉しく思います。

    私はオーストラリアにいた当時はあまり日本に興味がなく、歴史にも無知でした。
    それからヨーロッパに越してきて、近年のk国やc国の日本に対する扱いに疑問を持ち、それと同時に日本の歴史に興味を持つようになりました。

    マリアさんがおっしゃる通り世界には日本/アジアの歴史の真実を弯曲して書かれた著書やインターネット記事など沢山ある事を知り、微力ながらも日本人や私達の先人達の汚名を晴らす事が出来ないかと歴史を勉強中です。

    悪い事はきちんと謝罪する事が大切ですが、真実でない事に永遠に誤り続ける事は無いと思うのです。
    ただ、正しい情報、嘘の情報と沢山入り乱れていますので、見極めが難しいですよね。

    私も日本近隣国の人々と出会って交流してきましたが、いい人が多いので、国同士がいつまでもいがみ合っている事をとっても悲しく思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京で外資系OLを経験したのち、2009年に単身ヨーロッパへ。出来るだけ長くいたいなーと思っていたら永住する事に。 みんなが知りたい国際恋愛、結婚、海外生活、ヨーロッパ事情、インターネットビジネス、などなどの情報をお届けします。 お金儲け、ショッピング、食べ歩き、コスメ が好き